ウェブデザイン技能検定はどんな資格?

カラーデザイン検定とは異なりますが、今回はウェブデザイン技能検定について書きましょう。
ウェブ業界では初となる国家資格のウェブデザイン技能検定。
ウェブデザイン技能検定は、ウェブ標準を基本として、ウェブデザインやシステム構成、セキュリティ対策など、ウェブサイトの利用、設計、製作、運用に関する幅広い知識を実技試験と学科試験で評価する資格です。
インターネット社会は増々広がりを見せており、注目度はさらにアップしつつあります。
ウェブデザイン技能検定の認知度は相当上がってきたと考えられ、
ウェブ業界で仕事をしていく人にとっては、非常に重要な資格となってくるでしょう。

ウェブデザイン技能検定試験は1級から3級まであって、どの級でも学科試験と実技試験が行われます。
3級では、画像の埋め込みやリンク指定、HTMLやCSSなどの基本的なこと。
2級では、photoshopやflashなどの知識が必要になります。
1級は、グラフィック素材の加工やアニメーションの作成、ウェブサイトの構築、サーバーサイドアプリケーションの作成などです。

ウェブデザイン技能検定資格を取得できたなら、ウェブデザイナーやウェブディレクター、プランナー、プログラマー、企業のウェブ作成、スクール講師など広く活躍できる場があるはずです。
独立開業をしている人もまた多いです。

ただし、資格をとってすぐに実務ができるかというと、それは簡単な話ではなく、既にウェブ業界に従事している人はスキルの再確認として、これから従事しようとしている人はベースの知識として資格を取得している人が多いようです。どちらにしろ、インターネット社会の現代において取得していて損はない資格なのではないでしょうか。

ウェブデザイン技能検定に限らず、新しくできた資格にすばやくチャレンジすると、大きな先行者利益が生まれます。

しっかりアンテナをはって、役立つ情報をキャッチしていきましょう。


カラーデザイン3級講座 いますぐ開講日をチェックして、資料請求!