枕草子の色彩感

清少納言の枕草子。
あらためて読んでみると色彩がありありと伝わってきます。
色というのは伝えるチカラの強いものです。


春は、あけぼの。

やうやう白くなりゆく山ぎは少し明りて紫だちたる雲のほそくたなびきたる。

夏は、夜。

月の頃はさらなり。

闇もなほ。

螢の多く飛びちがひたる。

また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。

雨など降るもをかし。


秋は、夕暮れ。

夕日のさして、山の端いと近うなりたるに、烏の寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど、飛び急ぐさへあはれなり。

まいて雁などのつらねたるがいと小さく見ゆるは、いとをかし。

日入り果てて、風の音、虫の音など、はたいふべきにあらず。


冬は、つとめて。

雪の降りたるは言ふべきにもあらず。

霜のいと白きも、またさらでも、いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持て渡るも、いとつきづきし。

昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も、白き灰がちになりてわろし。


カラーデザイン3級講座 いますぐ開講日をチェックして、資料請求!